横浜技術センターみんなのブログトップページへ戻ります
Page: 1/1   
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - |
    就労継続支援事業B型とは?
    0
      JUGEMテーマ:障害者福祉
       
      「就労継続支援事業B型」とは、一般の企業への就労が難しい障害者の方やなどに、技術を身に付けながら働く場を提供し、様々な生産活動を通して知識及び就労能力の向上のために必要な訓練やリハビリを行う事業施設です。

      就労継続支援事業には、A型とB型の二種類があり、「A型」は障害者と雇用契約を結び、原則として最低賃金を保障するしくみの“雇用型”であるのに対し、「B型」は契約を結ばず、利用者が比較的自由に働ける“非雇用型”となっています。

      通院や、ご自信のペースに合わせながら無理なく働いて頂けるのも
      「就労継続支援事業B型」施設の特徴です。

      作業内容は多岐に渡りますが、横浜技術センターでは、利用者の方の障害の度合いなどに合わせて、歯科模型や教材の制作、軽作業、伝票整理をはじめとした、実務的な内容の事業を行っていますので、より良い就労のために様々な技術や知識を身に付けて頂く事が可能です。
      また、「就労継続支援事業B型」では、事業活動で得た利益から必要経費を除いた作業工賃を配分しています。
      横浜技術センターでは行政機関などと連携しながら、就労支援活動を通して知識および能力の向上と生活リズムの安定を目的とした支援を行っています。アセスメントを定期的に行いながら

      日常生活・対人関係・健康面


      等の相談支援を行っています。
      | 横浜技術センター | 00:44 | comments(0) | - | - |
      横浜技術センターとは?
      0
         社会福祉法人鶴門会の運営する横浜技術センターは
        昭和57年に身体障害者通所授産施設として設立されました。

        障害者自立支援法の施行に伴い、多機能型事業所として就労継続支援B型事業所及び
        生活介護事業を運営しています。

        事業内容としては、歯科技術専門学校の学生が実習や授業で使用する
        歯科教育模型及び歯科教育教材の制作作業及び、電子部品の組み立て、バッテリーキャップのパッキンの取り付け作業、袋詰め作業、シール貼りなどの、簡易作業(軽作業等)を行っています。

        また、これらの技術を生かし自主製品の開発などにも取り組んでいます。
        | 横浜技術センター | 21:52 | comments(0) | - | - |

        ブログ内検索

        カテゴリー

        カレンダー

            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>

        プロフィール

        エントリー

        月別の記事

        リンク

        RSS Feed

        モバイル

        携帯電話からもご覧いただけます! qrcode

        PR

        Others

        無料ブログ作成サービス JUGEM